BricsCAD Revit(Autodesk)ファイルの読込に関して

Revitインポート機能を使用すると*.Rvtファイルを3DソリッドとしてBricsCAD BIMにインポートすることができます。ただし、Revitモデルからのプロジェクトデータとモデルメタデータ、つまり、拘束、壁タイプ構造アセンブリ、マテリアルなどはインポートされません。

Revitプロジェクトファイルの設定方法に応じて、選択したジオメトリを3Dビュー、FamilyCategories、レベル、またはビューワークセットでインポートすることを選択できます。

RVTファイルをソリッドとしてインポートすると、ジオメトリのみがインポートされ、BIMメタデータは添付されません。ソリッドは、後でBricsCADのダイレクトモデリングツールを使用して分類及び編集できます。

BricsCAD BIM V22では現在、Revit2015-2020ファイルのインポートのみサポートされています。Revitの新しいバージョンで作成されたモデルをインポートする場合は、モデルをIFCファイルとしてBricsCADにインポートすることを検討してください。

BricsCAD ベースビューを編集

ベースビューを作成した後に、ビューの表示内容を変更することができます。

ビューを編集

【操作方法】

1.コマンドを選択

2.編集するビューを選択します。ビュー枠の中をクリックし、「Enter」で決定します。

●形状(3D表示にします)

3.オプションコマンドの「形状」を選択します。

4.オプションコマンドの「3D」を選択します。

5.3Dの立体表示に変更されます。

●尺度(図形の拡大)

3.ビューを選択後、オプションコマンドの「尺度」を選択します

4.標準で設定されている尺度が表示されるので、変更したい尺度を選択します。「1:2」を選択します。

5.ビューの大きさが変更されます。

6.ビューの枠を選択し、移動コマンドで、基点を指定して移動します

7.基点を指定して移動させます。

8.移動位置を決定します。

●隠線(隠線を表示させます)

3.選択後オプションの「隠線」を選択します

4.「はい」を選択し、隠線を表示します。

5.隠線が表示されます

●正接線(円弧等の接線を表示)

3.選択後オプションの「正接線」を選択します。

4.「はい」を選択し、正接線を表示します。

5.正接線が表示されます

以上

BricsCAD 三面図(投影図)の作図方法

三面図、投影図の作図方法の説明です。BricsCADでは三面図を「ベースビュー」コマンドにて作図します。

【作図方法】

1.三面図を作成したい図面を開きます。

2.[リボン]メニューの[注釈]タブ[ベースビュー]コマンドを選択します。コマンドが起動するので、モデルをオプションコマンドの[モデル全体]で選択します。
※一部のモデルを選択し作図することもできます。

3.「カレントにする新規、または、既存のレイアウト名を入力<Layout1>:」と、表示されるので、新しく「三面図」と入力しレイアウトタブを作成します。文字を入力したら、そのまま、[Enter」キーをクリックします。
※レイアウト名を入力しない場合は、そのまま、「Layout1」タブが表示され、そこに配置していきます。

4.「三面図」レイアウトタブが作成され、部品がカーソルについて表示されます。最初に正面図を適当な位置に配置し、その位置を中心に左右、前後、斜めにアイソメ図形が表示され、配置できます。

5.正面図を配置し、その左右前後、斜めにカーソルを移動させるとそれに見合った図形が表示されるので、そのまま配置します。終了する場合は、終了ボタンをクリックします。

6.配置は一応、これで、完了です。

三面図をモデル空間に2D図面化

1.レイアウト図を完全に2D化してモデル空間で使用できるようにするには、下記の方法となります。
リボンタブの[注釈]-[ビューを書き出し]を選択し、実行します。

2.コマンドをクリックすると、図形を選択するモードになりますので、2D化する「ビュー」を選択し、「Enter」で決定するか、オプションの「すべて」を選択します。

3.決定すると、クリップボードに図形をコピーするか、ファイルにするか、モデル空間に図形をコピーすることができます。モデル空間を選択します。

4.選択したビューを削除するか、残すかの選択となります。「はい」を選択すると、レイアウト空間の図形は全て削除します。「いいえ」を選択すると残したままとして作業を継続します。

5.モデル空間の表示が正面の場合は、「上」からの表示に切り替えます。

6.表示を上からに変更し、2D図面の配置位置を決定します。これで、自由に2D図面を使用することができます。

以上

BricsCAD 3D 外部参照部品の編集方法

外部参照部品でアセンブリされている部品を編集し、アセンブリを更新する方法を説明します。

【操作方法】

1.アセンブリ図面を読込メカニカルブラウザを開いておきます。

※メカニカルブラウザは、リボンメニューが表示されている位置で、マウスの右ボタンをクリックし、[パネル]-[メカニカルブ ラウザ]をクリックしブラウザを表示します。

2.変更したい部品を選択します。メカニカルブラウザの部品が選択されますので、選択された部品の上で、マウスの右ボタンをクリックし、表示されたメニューの[開く]をクリックします。

3.選択した外部参照部品が単独で表示されるので、修正したいカ所を編集し、保存します。

4.編集が終了したら、元図のアセンブリ図面を開きます。まだ、この段階では、アセンブリ図面には修正は反映されていません。

5.メカニカルブラウザのメインのアセンブリ名を選択し、マウス右ボタンの[更新]ボタンをクリックします。

6.外部参照部品の修正が反映されます。

以上

BricsCAD Mechanical 部品表の作成とバルーン配置

対応グレード:Mechanical、Ultimate

アセンブリ設計したモデルから部品表の作成とバルーンを配置します

【操作方法】

1.アセンブリ設計をした図面が対象となります。各部品に部品名(外部参照ファイル名)を入力しておきます。

2.モデル空間にて、リボンMENUの①「注釈」タブを選択し、②「ベースビュー」コマンドを選択します。コマンドラインに「オブジェクトを選択」と表示されるので、③「モデル全体」を選択したまま、「ENTER」で決定します。

3.コマンドラインに下記図のメッセージが表示されるので、そのまま「ENTER」をクリックします。

4.3面図を作図する為のビューが表示されるので、「正面」「側面」「上面」「アイソメ図」のビューを配置します。既に大き目なビューが配置されていても気にせず、配置し後で削除します。

ビューポートは後で、大きさや場所は簡単に変えることができますので、適当に配置しても問題ありません。

5.いらないビューポートは選択し、「Delete」キーで削除しておきます。

6.リボンMENUの[注釈]タブの[アセンブリ]の[部品表(BOM)]コマンドを選択します。

7.部品表がカーソルにくっついて表示されるので、問題ない位置に配置します。この時、ビューポートに重なっていても気にせず配置します。

8.部品表が配置されます。ビューポート等の図形が重なる場合は、[移動]コマンドにて移動させます。

9.ビューポートを選択すると、9つのグリップが表示されるので、中心のグリップを選択すると簡単に移動できます。

10.アイソメ図のビューポート枠を拡大します。ビューポート枠を選択し、右下のグリップを選択し、拡大します。

11.ビューポートを選択したまま、「プロパティパネル」の「表示ロック」を選択し、「はい」を「いいえ」に変更します。表示ロックが「はい」となっている場合、図形を動かすことができないので、一旦、ここで、ロックを解除し、適切な位置に図形を移動し、再度、ロックしておきます。

12.ビューポート枠の中に、マウスカーソルを移動し、ダブルクリックします。ビューポート枠が太い枠に変わり、編集がビューポート枠内に移りますので、そのまま、図形をドラッグして良い位置に移動します。

13.表示ロックを再び「はい」に変更し、図形が動かないように固定しておきます。次に編集の制御をペーパー空間に移す為、ビューポート枠以外の赤丸あたりにマウスカーソルを移動し、ダブルクリックします。

14.ビューポート枠は細線となります。図形が固定されます。次に[自動バルーン配置]コマンドを選択します。

15.コマンドラインに「ビューポートを選択」と表示されるので、バルーンを配置したいビューポート枠内をクリックして選択します。

16.「警告」が表示されますが、気にせず、そのまま、ビューポート枠内の位置に1点、2点とクリックし「ENTER」で決定します。バルーンが表示されます。

17.表とバルーンが配置できます。

18.表のテキスト情報を抽出することができます。部品表を選択し、マウス右ボタンクリックで、ショートカットメニューから「表の書き出し」を選択します。

※「クワッド」がONになっていると標準ショートカットメニューが表示されないので、クワッドメニューはOFFにしておきます。

19.「書き出しデータ」ダイアログが表示されますので、CSVファイルを書き出す場所を指定して、[保存]ボタンをクリックし書き出します。

以上

BricsCAD 外部参照のモデルの明るさに関して

デフォルトの設定の場合、外部参照のモデルの明るさが暗くなっています。もう少し明るくする設定の説明です。

【操作説明】

1.MENUの[設定]-[設定]を選択します

2.「設定」ダイアログが表示されるので、赤枠の検索枠に「外部参照」と入力し、赤丸の下矢印をクリックし、約8回クリックくらいで「外部参照フェードコントロール」を表示します。

3.「外部参照フェードコントロール」の値を「50」くらいに変更し、「設定」ダイアログを閉じます。

4.オブジェクトの明るさが変わります。

以上

BricsCAD 3Dソリッドの色を鮮やかに表示する設定

このような輝度が高く、ボケたような色彩をはっきりさせる設定です。

【手順】

1.マニューの[ツール]-[図面エクスプローラ]-[マテリアル]を選択します。

2.「図面エクスプローラ」ダイアログが開くので「マテリアル」の「Global」を選択し、色の項目の「拡散:」の設定の「■継承」をチェックします。

3.「図面エクスプローラ」のダイアログを右上「x」で閉じると、色彩がはっきり表示されます。

以上

BricsCAD 3D 標準部品パーツの呼び出し

BricsCADでは、標準部品パーツとして、H鋼やボルト、ナット、ベアリング等用意しております。それらの呼び出し方を説明します。

●標準部品パーツ3D (V17)

【操作方法】

1.ワークスペースが「2D作図」になっている場合は、「メカニカル」に変更します

2.この時点で「メカニカルブラウザ」が表示されていない場合は、リボンメニューの箇所(リボンメニューがある場所ならどこでも可)にマウスカーソルを移動し、マウスの右ボタンにてショートカットメニューを表示し、その中から、「メカニカルブラウザ」を選択します。

3.左側の端に「メカニカルブラウザ」が表示されます。

4.メカニカルブラウザの「ライブラリ」タブをクリックします。すると下のウィンドウに企画毎の「標準部品」が表示されます

5.赤丸の規格名部分をクリックし、必要な企画名を選択します。

6.必要な部品を選択します。プレビューウィンドウに、選択した部品の形状が表示されます。

7.プロパティ部分をクリックすると、いろいろなパラメータが表示されるので、必要なパラメータを選択します。長さ指定のできる部品もありますので、長さ欄に数値が表示される場合は、長さも選択できます。

8.再度、部品の型式部分をダブルクリックすることにより画面に部品が表示されます。

9.後は必要な場所に配置します。

以上

BricsCAD ダイナミックUCSの固定方法(3D)

3Dモデリング作業に関して、ダイナミックUCSをONにしておくことにより、作業効率が良くなります。しかし、UCSが面により変わりすぎると作業がしずらくなります。

「ダイナミックUCS」をONにすることにより、作図コマンドを選択し、面を選択するとそこにUCS座標が移動しますが、そのままだと、他の面にふれるたびに、移動してしまうので、使いにくいと思われる方もおられるかと思います。

UCS指定を固定したい場合、ダイナミックUCSで面に設定され時にその場所を固定するには、「Shift」キーを押すことにより、選択面が水色に変わりUCSが固定されます。

固定を解除したい場合は、再度、「Shift」キーをクリックしてください。
カーソルの移動先にUCS座標が移動されます。

以上

ショッピングカート
カートに商品がありません!
買い物を続ける