BricsCAD ジョグの作成(板金)

フランジや円筒形のロフト付ベンドにジョグを作成し、衝突を避け、最小のカットを行うことができます。

使用可能グレード : Mechanical

コマンド名:SMJOG

【使用方法】

1.2つの重なった板金に対して処理します。

2.リボンメニューの[板金]-[修正]-[ジョグ]コマンドを選択します。

3.「フランジまたはロフトベンドのエッジを選択・・・」を表示されるので、板金同士がくっついている箇所のエッジを選択します。

4.重なるフランジの端の長さを指定します。

5.ジョグが作成できます。

以上

BricsCAD ブロックを外部ファイルに抽出するコマンド

V22 NEW

図面の中のブロックを選択して外部に保存することができるコマンドです。

コマンド名:EXTRACTBLOCKS

【操作方法】

1.コマンドラインに「EXTRACTBLOCKS」を入力し実行します。

2.「図形を選択・・・」と、コマンドラインに表示されるので、外部に保存したいブロックを選択します。

3.ブロックが選択できたら、「ENTER」で決定し保存するフォルダーを選択します。「OK」をクリックして完了します。

4.選択したフォルダーにファイル名がフォルダー名となり、その中にブロックファイルが保存されます。

以上

BricsCAD QRコードを作成するコマンド

QRコードを作成するコマンドが Ver.22.2 以降から実装されました。文字入力を作成しQRコードを作成する方法を説明します。

コマンド名: QRTEXT

【操作方法】

1.コマンドラインに「QRTEXT」と、入力し「ENTER」で実行します。

2.マルチテキストのブロック枠を1点、2点で指定します。

3.QRコードにしたい文字を入力し、[OK]をクリックして決定します。

4.QRコードが作成されます。

5.QRコードを通常の文字テキストにも変換できます。プロパティパネルの下の方にある、[QRコード]ー[有効]を「いいえ」に変更すると、テキスト文字となります。
ここから、通常のテキスト文字もQRコードに変更できます。

以上

BricsCAD 板金-作成したリリーフがジャンクション定義で消える場合

下図のように、板金図形にあらかじめ設定したリリーフが、ジャンクション定義する時に消えてしまう現象が起こる場合、消えない為の設定を説明します。

これは、自動で再作図してしまう為、消えてしまうようです。この場合、設定の項目の「板金」-「板金コマンド実行後の自動更新機能」-「□板金フィーチャーの再構築を許可」のチェックを外します。

ジャンクションコマンドを実行し、エッジを選択すると、リリーフが消えることなくジャンクションが定義できます。

以上

BricsCAD パイプとパイプの接続した図形の加工

パイプにパイプが接続されたモデルの内部を、内面に沿った部分ではみ出した図形を削除し、パイプと繋がった箇所に穴を開ける操作を説明します。

【操作方法】
1.左図のような赤丸部分を削除したい場合の操作方法を説明します。
まず、パイプの内側のエッジ部分を選択します。

2.エッジを選択した状態で、押し出しコマンドを選択します。

3.押し出しコマンドを実行し、オプションの「差」を選択し、直角に交わるパイプに交わるまで押し出します。

4.押し出し形状の形に沿って、余分なオブジェクトが削除されます。

5.同じように、小さなパイプにおいても、パイプ内側のエッジから、押し出しコマンドの差分にて穴を開けます。

以上

ショッピングカート
カートに商品がありません!
買い物を続ける