BricsCAD いろいろな種類の寸法線を一括で選択する方法(select)

寸法線自体、長さ寸法、直径寸法、半径寸法等種類いくつかあります。クイック選択コマンドの場合、それぞれを選択し、追加することになります。そこで、一括で寸法線のみ選択する方法を説明します。

【操作方法】

1.コマンドラインに「SELECT」と入力し実行します。

2.「セットに含める図形を選択 [選択オプション(?)]:]と、表示されるので、「選択オプション」をカーソルで選択します。

3.「図形を選択: [すべて(ALL)/….]: 」と表示されるので、その中の[プロパティで選択…]を選びます。

4.「プロパティ別選択 [ブロック属性表示 (?)]: 」と表示されるので、オプションの「ブロック属性表示」を選択します。

5.「プロパティ別 選択 […..]: 」と表示されるので、「種類(TY)」を選択します。

6.「選択する図形タイプ[…..]: 」と、表示されうので、「タイプリスト(?)」を選択します。

7.「選択する図形タイプ [点 …..]: 」と、具体的に図形タイプが表示されるので、「寸法(DIMENSION)」を選択します。

8.寸法図形が全て選択されますので、良ければそのまま「Enter」で決定します。

9.「セットに含める図形を選択….」と、表示されるので、追加がなければ、再度、「Enter」で決定します。

これで、寸法線が全て選択できます。

BricsCADの詳しい説明は以下のURLからどうぞ

BricsCAD(ブリックスキャド) DWG互換CAD

以上

 

BricsCAD 3Dソリッドの差分コマンドにて重なった部分のみ削除する方法

BricsCADの3Dソリッドで2つの図形の重なり部分を削除する方法

「差」のコマンドを初期設定で使用すると、差し引く図形も削除されます。
差し引く図形も残しておきたい場合、設定を変更する必要があります。
設定項目の「□差し引く図形を削除する」のチェックを外しておいてください。

【操作方法】

1.menuの[設定]-[設定]を選択し設定ダイアログを表示します。

2.検索枠に「DELETETOOL」と入力して検索します。
「□差コマンドで差し引く図形を削除」の項目のチェックを外しておきます。
設定が終了したら「設定」ダイアログは閉じておきます。

※差分コマンドにて、差し引く図形も削除したい場合は、再度チェックを入れてください。

3.下図の様に円柱と矩形ソリッドが重なった図形のみ削除したい場合の操作です。

4.リボンmunuの[ホーム]の[ソリッド編集]タブの[差]コマンドを選択します。
※メカニカルワークスペースの場合

5.コマンドラインに「元になるACIS図形を選択・・」と表示されます。
円柱形状の削除をしたい図形、矩形ソリッドを選択します。
複数ある場合は、そのまま複数選択し、「Enter」で決定します。

6.コマンドラインに「差し引くACIS図形を選択・・」と、表示されます。
今度は円柱ソリッドを選択し「Enter」で決定します。

7.これで下図のように重なった部分のみ削除されて図形が作成できます。

BricsCADの詳しい内容は下記URLをご覧ください。

BricsCAD(ブリックスキャド) DWG互換CAD

以上

 

 

BricsCAD スタートページの「最近のファイルリストの最大数」を増やす設定(mru)

スタートページの「最近使用したファイル」の表示数を増やす設定を説明します。

【設定方法】

1.BricsCADを起動してmenuの[設定]を開きます。「設定」ダイアログが表示されるので、
検索枠に「MRU」と入力し検索します。
「最近のファイルリストの最大数」の項目で表示したい最大数を指定します。

2.スタートページの表示数が変わります。

 

BricsCADの詳しい内容は下記URLをご覧ください。

BricsCAD(ブリックスキャド) DWG互換CAD

以上

BricsCAD GISファイルを読み込む方法(gisimport)

BricsCAD V24 Pro以上にて、GISファイルが読み込めるようになりました。
GISファイルとは、地理情報システム(Geographic information System)で使用するファイルです。空間情報を含む地理データに関する情報が含まれています。
GISファイル形式には、以下のファイルがあります。
SHP、KML、KMZ、GeoJSON、FileGDB、OpenStreeMap
それらの中で、SHPファイルを読み込みます。

【操作方法】

1.ワークスペースは「土木」を使用します。

2.リボンmenuの[ホーム]の[読み込み/書き出し]タブの[GIS読み込み]を選択します。

3.コマンドラインに以下が表示されます。
「ファイルまたはフォルダーを選択:[ファイル(F)(フォルダー(C)] ..
「ファイル(F)」を選択します。
ダイアログが表示されます。読み込むファイルを選択し、[開く]ボタンをクリックします。

4.「GIS読み込み」ダイアログが開きます。「読み込み領域を指定」の指定があれば、選択します。なければそのまま、「すべての読み込み」で処理します。
[読み込み]ボタンをクリックして読み込みを実行します。

5.データが読み込めます。
画像が表示されない場合は、マウスの左ボタンをダブルクリックして、データを全て表示させます。

6.パネルの「土木エクスプローラ」を表示させ「GIS」タブから表示等をコントロールできます。

 

BricsCADの詳しい内容は下記URLをご覧ください。

BricsCAD(ブリックスキャド) DWG互換CAD

 

以上

 

 

ACAD-DENKI IO図コメント編集機能が便利に

ACAD-DENKI V2024にてIO作図のコメント編集機能が便利になりました。

V2023のコメント編集

図面を動かすことができず、アドレスとコメントの編集のみでした。

 

V2024のコメント編集

図面を動かしながら編集でき、アドレス、コメント以外に端子番号も同時に編集できます。
また、編集箇所のズームもできるようになりました。

ACAD-DENKIの詳しい内容は以下よりご覧ください。

ACAD-DENKI

以上

 

 

 

 

Shopping cart0
There are no products in the cart!
Continue shopping