BricsCAD 図形の拡大(尺度変更)

図形全体の大きさを変更する操作を説明します。

●図形の大きさを変更する(尺度変更)尺度を指定する場合

図形の大きさを拡大・縮小する方法です。倍率をかけて拡大縮小します。

1.右端にあるツールバーアイコンの「尺度変更」を選択するか、メニューの「修正」-「尺度変更」を選択します。リボンメニューでは、「ホーム」-「修正」-「尺度変更」を選択します。

2.大きさを変更したい図形を選択します。右から左の選択窓で選択すると選択モレが少なくなります。選択できたら「ENTER」で決定します。

3.図形スナップを使用して固定しておきたい基点を決定します。

4.拡大する倍率を入力します。

5.図形が基点を中心に2倍に拡大しコマンドが終了します。

BricsCAD マウス右ボタンのショートカットメニューに関して

マウスの右ボタンの動作設定に関して説明します。

マウスの右ボタンのクリックでメニューを表示するか、「決定」コマンドにするかは、「設定」のショートカットで変更できます。

●設定

設定箇所は、メニューの「設定」-「設定」を選択し、「ショートカット」で検索します。
その「ショートカット メニュー」の項目で設定します。

●図計無選択時、選択時、ともにマウス右ボタンでショートカットメニューを表示せず、「決定」ボタンとする。

(ENTERキーと同じ動作)

すべての項目のチェックを外します。

動作内容

図形選択有無動作内容処理結果
1無選択右ボタンクリック直前のコマンド再起動
選択右ボタンクリック選択は解除され直前のコマンドを再起動
図形選択、グリップ選択時右ボタンクリック編集メニュー表示
4図形選択、グリップ選択、ダイナミック入力時右ボタンクリック入力値決定
Lineコマンド実行時(初めて)右ボタンクリック最後のポイントが始点に(まったくの新規の場合はキャンセル)
6Lineコマンド2点目以降右ボタンクリックキャンセル

3の動作

4の動作

●図計無選択時、マウス右ボタンでショートカットメニューを表示します。

図形の選択時は、メニューを表示せず、「決定」ボタンとする。

■ショートカットメニューのデフォルトモードを有効

動作内容

図形選択有無動作内容処理結果
1無選択右ボタンクリックデフォルトのメニューを表示
選択右ボタンクリック選択は解除され直前のコマンドを再起動
図形選択、グリップ選択時右ボタンクリック編集メニュー表示
4図形選択、グリップ選択、ダイナミック入力時右ボタンクリック入力値決定
Lineコマンド実行時(初めて)右ボタンクリック最後のポイントが始点に(まったくの新規の場合はキャンセル)
6Lineコマンド2点目以降右ボタンクリックキャンセル

1の動作

3の動作

4の動作

●図計選択時、マウス右ボタンでショートカットメニューを表示します。

図形の無選択時は、メニューを表示せず、「決定」ボタンとする。

■ショートカットメニューの編集モードを有効

動作内容

図形選択有無動作内容処理結果
1無選択右ボタンクリック選択は解除され直前のコマンドを再起動
選択右ボタンクリックデフォルトのメニューを表示
図形選択、グリップ選択時右ボタンクリック編集メニュー表示
4図形選択、グリップ選択、ダイナミック入力時右ボタンクリック入力値決定
Lineコマンド実行時(初めて)右ボタンクリック最後のポイントが始点に(まったくの新規の場合はキャンセル)
6Lineコマンド2点目以降右ボタンクリックキャンセル

2の動作

3の動作

4の動作

●図計選択時、無選択時マウス右ボタンでショートカットメニューを表示します。

コマンド実行時、メニューを表示せず、「決定」ボタンとする。

■ショートカットメニューのデフォルトモードを有効
■ショートカットメニューの編集モードを有効

動作内容

図形選択有無動作内容処理結果
1無選択右ボタンクリックデフォルトのメニューを表示
選択右ボタンクリックデフォルトのメニューを表示
図形選択、グリップ選択時右ボタンクリック編集メニュー表示
4図形選択、グリップ選択、ダイナミック入力時右ボタンクリック入力値決定
Lineコマンド実行時(初めて)右ボタンクリック最後のポイントが始点に(まったくの新規の場合はキャンセル)
6Lineコマンド2点目以降右ボタンクリックキャンセル

1の動作

2の動作

3の動作

4の動作

●図計選択時、無選択時マウス右ボタンをクリックで「決定」とします。

ボタンを長押しすることによりショートカットメニューを表示します。
コマンド実行時、メニューを表示せず、「決定」ボタンとする。

■ショートカットメニューのデフォルトモードを有効
■ショートカットメニューの編集モードを有効
■ポインティングデバイスの右ボタンを長く押しているときショートカットメニューの表示を可とする

動作内容

図形選択有無動作内容処理結果
1無選択右ボタンクリック選択は解除され直前のコマンドを再起動
1-1無選択右ボタン長押しデフォルトのメニューを表示
選択右ボタンクリックデフォルトのメニューを表示
図形選択、グリップ選択時右ボタンクリック編集メニュー表示
4図形選択、グリップ選択、ダイナミック入力時右ボタンクリック入力値決定
Lineコマンド実行時(初めて)右ボタンクリック最後のポイントが始点に(まったくの新規の場合はキャンセル)
6Lineコマンド2点目以降右ボタンクリックキャンセル

1-1の動作

2の動作

3の動作

4の動作

●図計無選択時、選択時、ともにマウス右ボタンでショートカットメニューを表示せず、「決定」ボタンとし、コマンド実行時には常に表示する。

(ENTERキーと同じ動作)

■ショートカットメニューを表示(コマンド実行時には常に表示)のみチェックを入れた場合

動作内容

図形選択有無動作内容処理結果
1無選択右ボタンクリック直前のコマンド再起動
選択右ボタンクリック選択は解除され直前のコマンドを再起動
図形選択、グリップ選択時右ボタンクリック編集メニュー表示
4図形選択、グリップ選択、ダイナミック入力時右ボタンクリック入力値決定
Lineコマンド実行時(初めて)右ボタンクリックメニュー表示
6Lineコマンド2点目以降右ボタンクリックメニュー表示

3の動作

4の動作

5の動作

6の動作

BricsCAD V20~ 全体をダークカラーからライトカラーに変更したい

BricsCAD V20からデフォルトのダーク調を明るい色に変更する方法です。

【操作】

1.ツールバーまたは、リボンメニューのある位置にて、マウスの右ボタンをクリックします。
メニューが表示されるので、「ダークインターフェイス」のチェックを外します。

ライトカラーに変更されます。

【その他】
または、コマンドラインに

COLORTHEME

と、入力し「ENTER」をクリックします。
値が 0の場合、ダークカラーテーマとなっていますので、「1」を入力し「ENTER」をクリックします。

COLORTHEME = 1 は、ライトカラーテーマとなります。

BricsCAD ByLayerとByBlockの違い

ブロック図形を作図する場合、図形をByBlockにするか、ByLayerにするかにより、違いがあります。ByLayerとした場合、ブロックを作図した時の、Layer情報を保持します。ByBlockにした場合、図形固有の情報は持ちません。ブロックの挿入時のLayer情報に色、線種が変更されます。

上のブロックは、円と矩形がByBlockで作成し、線分は、ByLayerとなっています。
矩形と円は、ブロック挿入時の画層の情報に変更されますが、線分に関しては、ブロック作成時のLayerの情報のまま、保持され、挿入時に、そのLayerが無い場合は、作成され追加されます。

常に、Layer情報を変更したくない場合は、ByLayerで、変更したい場合は、ByBlockで作成します。

同じLayer名がある場合は、その情報が反映されます。Layer名だけは変わりません。

BricsCAD ファイルに保存される設定

図面ファイルに保存される設定は以下のものとなります。

1.画層設定
2.文字スタイル設定
3.寸法スタイル設定
4.線種設定
5.マルチ引出線スタイル設定
6.表スタイル設定
7.ページ設定(印刷設定等)
8.精度
9.図面範囲

上記設定はすべて「ファイル」に保存されます。テンプレートとして登録することにより便利な運用が可能となります。

ACAD-DENKI シンボル登録

ACAD-DENKIにて使用するシンボルの登録方法の説明です

登録方法(盤図シンボル)

1.登録したい図形のある図面を開きます。

通常の図面を作図中でも登録できます。

2.メニューの[シンボル]-[シンボル登録]を選択します

3.「シンボル登録」ダイアログが表示されるので、まず[対象図形を選択]をクリックしシンボルの挿入基点を指示し、登録したい図形を選択します。

シンボルの選択中は、ダイアログは非表示となります。

4.図形を選択し、決定すると、登録したい図形が、新しく作成された「Drawing〇」ファイルにコピーされ開きます。ここで、ダイアログの「シンボル種別」を[盤図]にし、「画層の設定」は「シンボル」を選択。「■登録後に設定をもと戻す」にチェックを入れた状態で、[設定]ボタンをクリックすると、グリップとスナップの設定と「SYMBOL」画層が作成されます。

5.図形を作成された「SYMBOL」画層に変更します。

6.次にダイアログメニューの「3.属性の一括配置」を選択し、テンプレートは、「盤図」を選択、[配置]ボタンをクリックして、属性を配置します。

この時、それぞれの属性文字を個別に、適当な位置に移動して、文字サイズ、位置合わせ等は、プロパティ管理で変更します。

7.属性文字に関しては、「4.通常属性の配置」項目で1つ1つ、属性、文字高さ、位置合わせを決めて配置することもできます。

8.属性文字まで置けば、あとは、「6.登録」項目を選択し、「保存時の画層の設定」にて、シンボルパレットや配置等でのシンボルの表示方法を選択します。主に表示画層の指定となります。どの画層を表示にし、どの画層を非表示にするかの設定です。

登録後に、シンボル修正で表示を変更することもできます。

9.ダイアログの設定は、図のようにして、[登録]ボタンをクリックしてシンボル登録します。

10.「登録」ボタンをクリックし、シンボルの挿入基点とファイル名を入力し[保存]ボタンをクリックして完了します。最初の図面にもどります。「シンボル登録」ダイアログは[閉じる]ボタンで終了します。「閉じる前に設定を元に戻しますか?」は、「はい」で終了します。

ショッピングカート
カートに商品がありません!
買い物を続ける