BricsCAD レイアウトでの寸法入力

モデル空間で1:1で作成した図面をレイアウト空間にてヴューポートに表示し、寸法線を入力する方法を説明します。

操作手順

1.モデル空間にて1:1で図面を作図します。

2.モデル空間からレイアウト空間に変更します。レイアウト空間では、最初に設定されているビューポートが1:1の場合、多くは拡大されて図形が表示されますので、用紙の枠に表示したい大きさになるように、プロパティの注釈尺度を変更します。

3.ビューポート枠を選択し、プロパティの注釈尺度の欄の尺度を変更します。ここでは、1:2を選択します。

4.ビューポート枠内をマウスカーソルでダブルクリックすると、モデル空間を操作することができ、図形も簡単に拡大縮小、移動できますので、適当な位置と大きさにして、表示が変わらないようにロックしておきます。

5.表示をロックするには、図形の大きさ、位置を整え、ビューポート枠の外にカーソルを移動させ、ダブルクリックすると、レイアウト空間モードになります。その状態で、ビューポートの枠のみ選択し、プロパティにて「表示ロック」の項目を「はい」にして、表示が移動しないようにロックします。

6.後は、レイアウト空間から、寸法線コマンドを起動し、寸法を記入します。寸法線の矢印や文字などは、1:1でそのまま入力できますが、長さは注釈尺度に合わせて入力ができます。
ですから、注釈尺度を1:2にしていた場合、レイアウトでの長さが50mmでも寸法値は100mmとして表示されます。

7.全体のレイアウト図形と寸法値、表示をロックしてあるので、ビューポート枠をダブルクリックしてモデル空間に移動しあ場合でも図形が移動することはありません。移動させたい場合は、プロパティから、表示ロックをいいえとして、移動させてください。

BricsCAD ロック画層の表示を明るくしたい

メニューの[設定]-[設定]を選択し、設定のダイアログを開きます。

上部の検索ウィンドウで「ロック画層」と入力して、↓を2回くらいクリックすると、「ロック画層のフェードコントロール」という項目があるので、数値を少なくします。40くらいでも明るいと思いますが。

入力し、ダイアログを閉じて、画面を動かすと表示が変わります。

数値が大きいと暗く、少ないと明るくなります。0~90の範囲で調整します。

拡大図

BricsCAD 起動するライセンスレベルを変更したい

BricsCADで起動時にライセンスレベルを変更して起動する方法です。
MecanicalをProとして起動したい場合などです。

1.メニューの[設定]-[設定]を起動します。

上の検索ウィンドウに「ライセンス」と入力して↓下矢印をクリックすると、
「実行するライセンスレベル」の項目が表示されるので、その欄で、起動したいレベルを選択します。ダイアログは閉じて、BricsCADは再起動します。


※購入されたレベル以上のレベルは起動しません。レベルダウンのみです。

BricsCAD 寸法線を指定の画層で作図する方法

BricsCADの設定にて、寸法を作図する場合、デフォルトでは、カレント画層に作図されますが、特定の画層に作図できる設定があります。

1.メニューの[設定]-[設定]を選択します。
設定ダイアログが表示されるので、[寸法]の項目を展開し、[DIMLAYER」の項目欄で、設定したい画層を選択します。
※あらかじめ画層は作成しておきます。
設定ダイアログは閉じます。

2.新規で寸法線を作図すると、指定画層で作図されます。

既に作図している寸法線の画層は変更されません。

BricsCAD 寸法線に記号を入力する

寸法線に記号を入れる場合、いくつかの入力方法があります。

●寸法線を直接編集する方法

1.編集したい寸法値をマウスでダブルクリックすると、数値を編集するモードになります。紫色のバックの文字は寸法値なので編集は出来ませんが、前後にΦやH7などの文字を入れることができます。
※横になっている寸法値も編集コマンドでは、正面に見て編集できます。

2.寸法値が修正され、もとの位置に表示されます。

●プロパティ編集にて寸法値の前後に文字を追加する方法

1.編集したい寸法線を選択し、プロパティ編集にて、[基本の単位]の項目を入力します。

2.プロパティの拡大図

・小数点の区切り符号は、デフォルトではカンマになっているので、「.」に変更
・接頭 にΦなど入力
・接尾 にH7などを入力します。

3.入力された寸法値をダブルクリックして編集モードにすると、「Φ19.5H7」までが紫色となり、編集はできません。寸法値として処理されます。

●プロパティ編集にて寸法公差を入力する方法

1.公差を追加したい寸法を選択し、プロパティ編集にて下の方にある[公差]の項目を入力します。

2.プロパティの拡大図

・公差表示  オン
・公差範囲下限  下側の公差数値
・公差範囲上限  上側の公差数値
・公差精度    精度の調整をします
・公差文字高さ  2行にしたい場合は、0.5
を入力します。 

ショッピングカート
カートに商品がありません!
買い物を続ける