BricsCAD ライブラリ登録に関して

BricsCADではライブラリパネルを表示すると、登録したdwgファイルを簡単に挿入することができるようになります。デフォルトではライブラリパネルは表示されていませんから、その表示方法、設定方法、図形等の登録方法を説明します。

●表示方法

ライブラリパネルを表示するには、ツールバー、または、リボンメニューの上で、マウス右ボタンをクリックし、ショートカットメニューから「パネル」「ライブラリ」を選択し、チェックを入れます。

次のようなパネルが表示されます。

ライブラリの中で表示できる項目の選択は、下記メニューから選択できます。
パネルの右上の➀のmenuアイコンをクリックし、必要な②の項目のチェックだけ残すことにより表示できる項目を選択できます。

Alfatech フレックスネットのトラブルに関して

●ネットワークライセンス版BricsCADが認識できなくなった

確認事項

1.ライセンスサーバーの動作確認

  ライセンスサーバーにて[LMTOOLS]を起動します。
  [Start Server]ボタンをクリックし、「Server Start Successful.」と表示されれば問題ありません。問題がある場合「Config Services」タブをクリックし、デバッグファイルの保存先を確認し、デバッグファイルをサポート宛に送ってください。

2.Windowsファイアーオールの設定確認

 ・クライアントのライセンス確認ツールが起動しない場合
   ポート:27100(デフォルト値) が開いていない場合起こる現象
   lmgld.exe、BricsCAD.exe、alfaflex.exe
   上記の設定があるか確認ください。

クワッドメニューのカスタマイズ

クワッドメニューは、ワークスペースや作業内容により「作図」「板金」「モデル」「作図」「一般」のタブにより表示されるコマンドが変わります。カスタマイズすることにより、より使いやすく運用していただくことができます。クワッドメニューは、現在の作図状況により表示されるコマンドメニューが変わり、より適したコマンドが表示されます。

クワッドメニューの表示方法

タスクバーの右下にある[クワッド]をクリックしてONにしておきます。

クワッドメニューカスタマイズ

リボンやツルバーメニューのある場所で、マウスの右ボタンクリックメニューから、「カスタマイズ」を選択します。または、メニューの「ツール」-「カスタマイズ」から起動することもできます。

●クワッドメニューのタブ追加

クワッドメニューは、「ワークスペース」毎に表示されるタブやコマンドを変更することができますので、よく使用するワークスペースのクワッドメニューをカスタマイズしてください。
使用するワークスペースによって、表示されるクワッドメニューが変わります。
クワッドメニューのタブを追加する場合、カスタマイズの「ワークスペース」タブを選択します。

1.2D作図のクワッドメニューをカスタマイズする場合で説明します

ワークスペースの左のウィンドウ枠の「2D作図」ワークスペースを選択します。
(+)部分をクリックすることにより、項目を広げて見ることができます。
その中の「クワッド」項目の(+)部分をクリックしさらに設定されているタブ項目を確認します。
下の図では、[編集][修正][作図][挿入][一般][選択][2D拘束][注釈]がタブ設定項目となっています。ただし、すべてのタブが常時表示されるのではなく、選択されている図形の状況などにより、表示されるタブメニューは変わります。

2.タブメニューの追加

クワッドタブを選択し、マウス右ボタンをクリックすると「クワッドタブ追加」と表示されるので、クリックします。

3.タブ項目の選択追加

追加できるタブ項目は、自由な項目で追加できるわけではありません。表示される項目から選択して追加します。

4.追加完了

追加した位置にタブ項目が表示されます。

追加が完了したら、カスタマイズを閉じておきます。

●クワッドメニューへのコマンド追加設定

カスタマイズウィンドウの右側ウィンドウのコマンドを選択し、マウスで➀のようにドラッグし左側のウィンドウの追加したいタブの追加したい位置にコピーします。
左ウィンドウの選択したコマンドの上に②のようにコピーされます。

1.コマンドの図形フィルターに関して

また、クワッドメニューでは図形の選択状態により、表示されるメニューのコマンドが変わります。追加したコマンドの表示する状態を決めることができます。
設定は、下図のように、設定したいコマンドを選択し「図形フィルター」の項目を選択します。

2.図形フィルターの変更

クワッドメニューが表示したときに選択できるコマンドは、現在、図形を選択しているのか、していないのか、選択している場合、単体なのか、複数なのかにより変更することができます。
「図形フィルター」を選択した時に表示される[…]アイコンをクリックします。
表示された「クワッドボタンフィルターを編集」ウィンドウの②の「フィルターを追加」ボタンをクリックします。

3.図形フィルターの選択

「クワッドのボタンフィルターを追加」ウィンドウの➀[V]ボタンをクリックし、表示された項目を選択します。

・NO_SELECTION  ・・・・  図形を選択していない時に表示
・OBJECT_ANY   ・・・・   単体図形を選択している時に表示
・OBJECTS_ANY   ・・・・   複数図形を選択している時に表示

上記のいずれかを選択しておきます。

ACAD-DENKI/WIMDBの抽出条件

図面保存時にWIMDBを作成する設定

[電気編集]-[ACAD-DENKI環境設定]を起動し、[プロジェクト]-[WIM DB]を選択し、
■WIM登録・更新を行う
に、チェックを入れてください。
保存時に図面情報をWIMDBへ保存します。

3D盤図でWIM部品配置-にて端子部品などが配置できない場合、部品抽出の設定が違う場合があります。

端子シンボルを抽出対象にする設定

[アルファテックランチャ]-[ACAD-Parts]-[環境設定]を選択します。
「ACAD-Parts環境設定」ダイアログが開きますので、そこから。[対象]タブを選択し、
■端子シンボルも対象にする
に、チェックを入れます。
チェックが入っていない場合、WIMDBに抽出されません。

BricsCAD ホームページからの手動アクティベート解除方法

手動でのアクティベート解除は、Bricsysのホームページのライセンス管理ページから行っていただきますが、こちらの解除は、解除できる制限があります。

制限数を超えると、申請が必要となりますので、できるだけ、オンラインでの解除を心がげください。

アクティベートの解除申請は、下記ページから行っていただけます。

http://www.bj-soft.jp/deactivation/

よろしくお願いいたします。

BricsCAD 半径寸法などのフィットパラメータの変更

半径寸法線の作図で、円の中心まで線を引きたい場合と、引きたくない場合、寸法スタイルの設定で変更することができます。

【操作方法】

1.まず、寸法スタイルの設定を行います。
 メニューの[ツール]-[図面エクスプローラ]-[寸法スタイル設定]を起動します。

2.図面エクスプローラのダイアログが開くので、「寸法スタイル設定」の項目を選択します。
 設定したい寸法スタイル名を選択し、右窓の「寸法スタイルを編集」の「フィット」の項目を設定します。

3.フィットの項目を設定します。

・矢印と文字のフィット : 文字と矢印

・手動で文字を配置 : □カーソルは、文字位置と寸法線位置の両方をコントロール
            ※このチェックは外しておきます。

後は、それぞれのスタイルで設定します。

4.ダイアログは閉じておきます。半径寸法線を作図してパラメタを確認し
 「矢印と文字のフィット」を変更することができます。

※寸法線は、文字位置などを移動させると、再度パラメタのフィットの箇所は、グレーアウトで変更できなくなります。その場合は、再度、以下の操作を実行してください。

寸法線のパラメタ変更ができない場合

1.メニューの[寸法記入]-[元の寸法値位置] を実行します。

2.寸法値がデフォルトの位置まで戻り、パラメータが編集できます。

以上

BricsCAD ハッチングの線種を変える方法

ハッチングの線種を変更する場合、現状はシステム変数:HPLINETYPE が オフ になっている為デフォルトでは変更されません。システム変数を オン にしてお使いください。

システム変数 : HPLINETYPE (初期値:OFF)

OFF : 割り当てられた線種に関わらず、ハッチングパターンで定義された線種が表示。

ON : 割り当てた線種が反映されます。

設定変更後、すぐに反映されない場合は、再作図(REGEN)してください。

BricsCADをプロファイル指定して起動する

BricsCADを指定したプロファイルを選択して起動する方法の説明です。

まず、起動したいメニューや環境を設定し、プロファイルを新しく作成します。

プロファイルは、メニューの[ツール]-[プロファイル管理]を起動し、作成します。
この時に作成したプロファイル名を覚えておきます。

デスクトップにある「BricsCADのショートカット」を選択し、マウスの右ボタンをクリックしメニューの「プロパティ」を選択します。

BricsCADのショートカットのプロパティウィンドウのリンク先の欄を以下のように設定してください。

“C:\Program Files\Bricsys\BricsCAD V21 ja_JP\bricscad.exe” /p プロファイル名

[OK]をクリックして、完了します。

これで、BricsCADのショートカットで起動すると、設定したプロファイルによりBricsCADが起動できます。

BricsCAD プロパティパネルの長さ表示がcm、mになる

入力単位をmmに設定し、9000mmの半径を作図したのに、プロパティバーでは、900cmと表示され、直径は18m となっている。これらの単位をmmに変えたい場合の設定です。

[操作方法]

1.メニューの[設定]-[設定]を選択します。

2.[設定]ダイアログが表示されるので、[図面]-[2D作図]-[作図単位]を選択します。

3.[長さ単位]項目を選択し、入力欄をクリックすると表示される右端の[・・・]ボタンをクリックします。

4.表示される表の右側枠の「ミリ系」の表示させたい単位を「mm」のみにします。[OK]ボタンで決定します。

5.表示がインチ系とmmのみになっていることを確認し、[設定]ダイアログを閉じます。

以上

BricsCAD テキスト文字を結合してマルチテキストに変換

テキスト文字を複数選択し、結合してマルチテキストに変換します。

コマンド:TXT2MTXT

コマンド実行後、設定オプションを選択すれば、設定ダイアログが表示され、配置のままの順序にするか、選択順にするか、全ての文字を結合して、折り返しテキストにするか、均一な行間隔を強制するか、設定できます。

1文字を選択し、決定すれば、テキストからマルチテキストに変換できます。

ショッピングカート
カートに商品がありません!
買い物を続ける