組図からの部品作成方法(Pro)V23

ワークスペースをモデリングにて組図を作成し、その組図から部品をそれぞれ個別部品として保存し、外部参照とする方法を説明します。

【操作方法】
1.組図面を作成します。メニューの[ツール]-[ブロック作成]を選択します。
「メカニカルブラウザ」パネルが開きます。

2.組図から1つ1つ部品を登録します。メニューの「メカニカル」-「アセンブリ」-「コンポーネント形成」を選択します。

3.登録したい部品を選択し、「Enter」で決定します。

4.部品登録時の挿入基点を指示します。

5.「メカニカルコンポートネントを保存」ウィンドウが開くので、部品名を入力し部品を登録します。

6.部品が外部参照で登録されます。

7.同じ形状のソリッドを自動的にブロック化することができます。メニューの「ツール」-「ブロック化」を選択します。

8.登録した「部品A」を選択します。オプションとしては「等しいソリッドと一致(E)」を選択しておきます。選択し「Enter」で決定します。

9.検索範囲として「図面全体(E)」を選択します。

10.同じソリッドが図面全体からチェックされ選択され、同じ部品として登録されます。

同じようにしてその他の部品を登録していきます。

以上

BricsCAD レイアウトを挿入する方法(BIM V23)

レイアウト空間にレイアウト図形を挿入する方法を説明します。この機能は、V23からBIMのコマンドとなります。

【操作方法】

1.他の図面のレイアウト図形を挿入したい図面のレイアウト(ペーパー空間)を開きます。
この時、挿入したい図面も読み込みLAYOUT図面も表示しておきます。
例)A図面のレイアウトに、B図のレイアウト図形を挿入したい場合

2.コマンドラインに「INSERTLAYOUT」と入力し、実行します。「図面を選択」ダイアログが開きます。レイアウト図形を挿入したい図面を選択します。

3.次に、レイアウトタブが複数ある場合、挿入したいレイアウト図形のあるレイアウトタブ名を入力し、「ENETR」で決定します。

4.レイアウト図形が表示されるので、挿入基点を指示して図形を挿入します。
ブロックとして挿入されます。

以上

BricsCAD 投げ縄選択(V23)

デフォルトの設定で、使用できるようになっていない場合、使用する為の設定をします。

【使用方法】

1.メニューの[設定]-[設定]を選択します。設定ダイアログが表示します。

2.「プログラムオプション」-「選択」-「自動で指示」を選択し。
■クリック時、マウスが図形上に無ければ、選択投げ縄ツールを作図します
に、チェックを入れて「設定」ダイアログを閉じます。

3.マウス左ボタンをクリックしたままの状態でマウスを移動します。

4.マウスは自由に移動して囲うことができます。

5.図形に沿って細かく動かすことができます。

6.マウスのクリックを外すことにより図形が選択できます。

以上

BricsCAD 図面リカバリーマネージャー(V23)

BricsCADが異常終了した場合、再起動したときにリカバリーされた図面を管理する機能です。

【操作方法】
1.BricsCADが突然異常終了してしまった場合、再起動すると、左下隅に上図のような「図面リカバリー」というメッセージが表示されます。ここで、「パネルを開く」をクリックします。

2.「図面リカバリーマネージャー」ダイアログが表示されます。この時異常終了したファイル名が表示されるので、復旧したいファイル名が表示されたら、「>」部分を選択し内容を確認します。

3.ファイル名を選択すると「詳細」にファイルの内容が表示されます。
拡張子が「.sv$」と表示されている場合、自動保存ファイルが残っている場合です。

4.ファイル項目をダブルクリックすることにより、そのファイルを読み込むことができます。内容を確認し最終保存することができます。

以上

BricsCAD 寸法線間隔を等間隔にする(V23)

寸法線を選択し、指定した間隔に調整するコマンドです。
このコマンドは、コマンド起動のみとなります。
コマンド名:DIMSPACE

【操作方法】

1.コマンドラインに「DIMSPACE」と入力し、「Enter」で決定します。

2.最初に等間隔にする為の、1つの基本となる寸法線を選択しておきます。
コマンドラインに「基本寸法を選択・・・:」と表示されます。

3.次に「間隔を調整する寸法を選択・・・・:」とコマンドラインに表示されるので、基準にする寸法線以外の調整したい寸法線を選択します。「Enter」で決定します。

4.コマンドラインに「新しい値を入力、または、[自動(A)]・・・:」と表示されるので、等間隔にしたい数値を入力します。
そのまま、「Enter」で[自動(A)]を選択した場合、現在の寸法文字高さの2倍の間隔で高さが設定されます。
例:文字高さが2.5mmの場合、寸法線間隔は5mmとなります。

5.基準となる寸法線から指定した間隔に並び替えられます。

以上

BricsCAD キーボードショートカット

キーボードに割り付けているコマンドです。

キーボード説明
F1BricsCADヘルプを開きます。
F2コマンドウィンドウの表示を切り替えます。
F3図形スナップの on/off の切替
F43D図形スナップの on/off の切替
F6ダイナミックUCSの on/off の切替
F7グリッドの表示 on/off の切替
F8直交モードの設定の on/off の切替
F9スナップの on/off の切替
F10極トラッキングの設定を on/off 切替
F11図形スナップトラッキングの設定を on/off 切替
F12クワッドカーソルメニューの表示を on/off 切替
Alt+F8VBAのマクロ実行
Alt+F11VBAマクロの編集エディタを起動します
Ctrl+1プロパティパネルの表示/非表示の切替
※テンキーは使用できません
Ctrl+2図面エクスプローラの起動
※テンキーは使用できません
Ctrl+9コマンドラインの表示/非表示の切替
※テンキーは使用できません
Ctrl+0メニューを非表示にし、作画範囲を広げます。on/off
※テンキーは使用できません
Ctrl+Aすべての図形を選択します
Ctrl+Bスナップの on/off の切替
Ctrl+C選択内容をクリップボードへコピー
Ctrl+F検索と置換 コマンドの実行
Ctrl+Gグリッドの表示を切替
Ctrl+Iステータスバーの座標表示の設定を切替
Ctrl+J直前に使用したコマンドを繰り返します
Ctrl+Nテンプレートを選択し、新しい図面を開きます
Ctrl+O新しい図面を選択し開けます。
Ctrl+P印刷ウィンドウを開きます。
Ctrl+QBricsCADを終了します。
Ctrl+Rビューポートを切り替えます。
Ctrl+S現在の図面を保存します。
Ctrl+Vクリップボードの内容を貼り付けます。
Ctrl+Alt+V指定した形式でクリップボードの内容を貼り付けます。
Ctrl+Shift+Vクリップボードの内容をブロックとして貼り付け
Ctrl+X選択図形を切り取り、クリップボードに貼り付けます。
Ctrl+Y元に戻した最後の操作をやり直します。
Ctrl+Z最後の操作を元に戻します。
Ctrl+右矢印選択図形を右方向へ微調整します。
Ctrl+左矢印選択図形を左方向へ微調整します。
Ctrl+上矢印選択図形を上方向へ微調整します。
Ctrl+下矢印選択図形を下方向へ微調整します。

BricsCAD VLXファイルに関して

AutoCADで使用されているAutoLISPをコンパイルしたVLXファイルは、BricsCADでは使用することができません。

BricsCAD の同等物は .DES ファイルとなります。ソース .LSP を使用するか、.DES を使用して再コンパイルする必要があります。

以上

BricsCAD PDF印刷で画層を使用しない方法

PDF印刷にて画層を出力しない方法を説明します。

【操作方法】

1.PDFファイルを作成する場合、プリンターは、「Print As PDF.pc3」を選択します。

2.プリンターの横にある「印刷設定の編集」ボタンをクリックします。

3.「印刷設定編集」ダイアログが表示されるので、「設定」タブを選択し、「カスタムプロパティ・・・」ボタンをクリックします。

4.「PDFとして印刷ーカスタムプロパティ」ウィンドウが表示されるので、「画層サポート」項目で「画層を不使用」を選択し、「OK」ボタンで決定します。

5.「印刷設定編集」ダイアログも「OK」ボタンをクリックして決定し、印刷すればOKです。

以上

BricsCAD 図面間で画層を簡単にコピーする方法

画層を作成する方法はいくつかありますが、ここでは、図面エクスプローラを使用して、図面間で簡単にコピーする方法を説明します。

基本の図面テンプレートから、既存図面に画層情報をコピーする方法を説明します。

【操作方法】

1.基本となる図面と、画層をコピーしたい図面を開き、図面エクスプローラを起動します。左側のウィンドウに現在開いている図面の保存先と、図面名称が表示されます。

2.コピーしたい画層を全て選択し、ドラッグ&ドロップでコピー先の図面ファイル名の上でドロップします。

3.コピー先の図面へ簡単に貼り付けできます。

以上

BricsCAD 画層を簡単に管理する方法

画層の表示・非表示を設定するのに、画層をひとつひとつ都度、設定するのは大変です。あらかじめ表示画層・非表示画層を設定することにより、その設定を呼び出し、簡単に画層を変更することができる設定方法です。

【操作方法】

1.リボンmenu の「ホーム」タブ -「画層管理」の「画層状態」アイコンをクリックします。

2.「図面エクスプローラ」の「画層状態」を選択した状態でダイアログが表示されます。新しく画層状態を設定する為に、「新規」アイコンを選択します。

3.一行項目が追加されますので「名前」の項目を、分かり易い名前に変更します。

4.「編集」アイコンをクリックすると、「画層状態を編集」ウィンドウが表示されるので、表示したい画層を編集し、「OK」ボタンをクリックします。これで、「全画層表示」項目に画層状態が記憶されます。

5.新しい行を追加し、こちらも「編集」アイコンをクリックして、画層状態を編集します。

6.表示を変更したい項目を選択し、「呼出」アイコンをクリックします。

7.「上書き」アイコンをクリックし、現在の画層に上書き変更します。

8.「この画層状態を上書きしますか?」と、表示されるので、「はい」をクリックし、図面エクスプローラウィンドウを閉じます。

9.非表示画層が表示され、表示が変更されます。このように、簡単に複数の画層の表示、非表示を簡単に変更することができます。

以上

ショッピングカート
カートに商品がありません!
買い物を続ける