BricsCAD 板金展開 (3D形状はそのままで)

BricsCADの板金展開の処理で、ルーバーやエンボス等の成形工具により板金部品を変形させるものですが、自動展開時に3D形状のまま展開することができます。
この時、V18から設定にてあらかじめ、保持を指定しておく必要があります。

【操作設定】

1.V18からデフォルトでは、エンボス等の形状は、3Dのままでは、展開できなくなっていますので、あらかじめ、オブジェクトを作図する前にメニューの[設定]-[設定]-[板金]-[初期パラメータ]-[板金展開]の「フォームフィーチャーの展開モード」を 「[0]保持」にします。

※この設定は、モデルを作成する前に設定しておきます。途中からの変更では有効になりません。

2.板金メニューの「ボディを展開」コマンドを選択し、モデルを選択します。

3.ルーバー形状がそのまま3D形状で展開できます。

以上

ショッピングカート
カートに商品がありません!
買い物を続ける