BricsCAD ジョグの作成(板金)

フランジや円筒形のロフト付ベンドにジョグを作成し、衝突を避け、最小のカットを行うことができます。

使用可能グレード : Mechanical

コマンド名:SMJOG

【使用方法】

1.2つの重なった板金に対して処理します。

2.リボンメニューの[板金]-[修正]-[ジョグ]コマンドを選択します。

3.「フランジまたはロフトベンドのエッジを選択・・・」を表示されるので、板金同士がくっついている箇所のエッジを選択します。

4.重なるフランジの端の長さを指定します。

5.ジョグが作成できます。

以上

BricsCAD 板金-作成したリリーフがジャンクション定義で消える場合

下図のように、板金図形にあらかじめ設定したリリーフが、ジャンクション定義する時に消えてしまう現象が起こる場合、消えない為の設定を説明します。

これは、自動で再作図してしまう為、消えてしまうようです。この場合、設定の項目の「板金」-「板金コマンド実行後の自動更新機能」-「□板金フィーチャーの再構築を許可」のチェックを外します。

ジャンクションコマンドを実行し、エッジを選択すると、リリーフが消えることなくジャンクションが定義できます。

以上

BricsCAD 板金展開 (3D形状はそのままで)

BricsCADの板金展開の処理で、ルーバーやエンボス等の成形工具により板金部品を変形させるものですが、自動展開時に3D形状のまま展開することができます。
この時、V18から設定にてあらかじめ、保持を指定しておく必要があります。

【操作設定】

1.V18からデフォルトでは、エンボス等の形状は、3Dのままでは、展開できなくなっていますので、あらかじめ、オブジェクトを作図する前にメニューの[設定]-[設定]-[板金]-[初期パラメータ]-[板金展開]の「フォームフィーチャーの展開モード」を 「[0]保持」にします。

※この設定は、モデルを作成する前に設定しておきます。途中からの変更では有効になりません。

2.板金メニューの「ボディを展開」コマンドを選択し、モデルを選択します。

3.ルーバー形状がそのまま3D形状で展開できます。

以上

ショッピングカート
カートに商品がありません!
買い物を続ける