BricsCAD V22 オンラインカンファレンス開催予定

BricsCAD V22のオンラインカンファレンスが開催されます。
開催日時:2021.11.22-12.3
11/25 【新発売】BricsCAD V22 発表ライブイベント

[開催内容]
・V22新機能発表ライブイベント主な講演

 1).BricsCAD V22で示す .dwg互換CADの進化
 2).BricsCADが実現するCADの活用フローのご提案/新機能デモ
 3).BricsCAD導入事例

・主なセッション

 1).11/22 (電気設計) ACAD-DENKIの紹介
 2).11/24 (製造業) BricsCADが提案する製造業向け
 3).11/26 (建築・土木業) BricsCADが提案する建築・土木業
 4).11/29 (解析) はじめての解析

・展示

 1).BricsCAD V22新機能

詳しくは下記URLよりお申込みください。

https://www.bj-soft.jp/seminar/202111v22.html

以上

 

KBCTOOL2 60.リーマ穴表記コマンド

KBCTOOL2(LISP版)の使い方の解説です。

60.リーマ穴表記コマンド

 H付きでリーマ穴を表記するコマンドです。
リーマ穴の個数、深さ、を入力することができます。

【操作】
1.画像の説明 リーマ穴表記コマンドアイコンをクリック。

●Φ+サイズ+H7だけの場合(Φ6H7など)

2.最初にリーマ穴の個数を聞いてくるので、そのまま「ENTER」。
3.リーマ穴の深さを聞いてくるので、これもそのまま「ENTER」。
4.リーマ穴を選択します。選択した場所に矢印が表示されるので、矢印の長さを指定します。

rimaーana-dim1

5.円のサイズを自動取得し、Φ付き+H7付きでリーマ穴サイズを表記します。

rimaーana-dim2

6.再度、繰り返しでリーマ穴の個数を聞いてくるので、終了する場合は、「Esc]を押してください。


●リーマ穴の個数ーΦ+サイズ+H7と表記したい場合(4-Φ6H7など)

2.最初にリーマ穴の個数を聞いてくるので、穴の数を入力し「ENTER」。
3.リーマ穴の深さを聞いてくるので、これはそのまま入力せず「ENTER」。
4.リーマ穴を選択します。選択した場所に矢印が表示されるので、矢印の長さを指定します。

rimaーana-dim3

5.円のサイズを自動取得し、個数-Φ付き+H7付きでリーマ穴サイズを表記します。

rimaーana-dim4

6.再度、繰り返しでリーマ穴の個数を聞いてくるので、終了する場合は、「Esc]を押してください。


●穴の個数ーΦ+サイズ+H7 深さを表記したい場合(4-Φ6H7 深さ など)

2.最初にリーマ穴の個数を聞いてくるので、穴の数を入力し「ENTER」。
3.リーマ穴の深さを聞いてくるので、穴の深さを入力します「ENTER」。
4.リーマ穴を選択します。選択した場所に矢印が表示されるので、矢印の長さを指定します。

rimaーana-dim5

5.円のサイズを自動取得し、個数-Φ付き+H7付き、深さ付でリーマ穴サイズを表記します。

rimaーana-dim6

6.再度、繰り返しでリーマ穴の個数を聞いてくるので、終了する場合は、「Esc]を押してください。

KBCTOOL2(LISP版)の紹介ページ

以上

AutoCAD互換 電気CAD「BJ-Electrical」

画像の説明

 BJ-ElectricalはAutoCADのレギュラーもしくは、BricsCADのアドオンソフトです。

電気のシーケンス図を簡単に作図することが出来ます。
回路図

  • 特徴1:シンボルの上から配線を引いても、自動的に配線がシンボル間はカットされます。また、シンボルを削除すると自動的に配線は接続されます。
  • 特徴2:フォルダー管理により、フォルダ内の複数ファイルを簡単に選択表示編集することができます。
  • 特徴3.電気シンボルを標準で用意しています。また、簡単にシンボルを作成することができます。



シンボル入力は、シンボルパレットより行うことができます。
シンボルパレット





BJ-Electricalのご紹介はこちら

以上

KBCTOOL2 40.文字入力・数値カウントアップ

KBCTOOL2(LISP版)の使い方の解説です。

40.文字入力・数値カウントアップコマンド

 文字入力を行うにあたり、接頭。接尾文字を追加し、カウントアップ部のカウントアップを自動、手動で行うことができます。
カウントアップは、無しと10進、16進、8進で行えます。
自動カウントアップは、方向と間隔と回数を指示しカウントアップ入力できます。

【操作】
1.画像の説明 文字入力・数値カウントアップコマンドアイコンをクリック。

画像の説明

●カウントアップしない場合


2.入力文字枠の真ん中の枠に入力したい文字を入れます。

3.カウントアップの枠で ●無し を選択し、文字高さ、尺度を選択します。

画像の説明

4.挿入位置を指示と出るので、一旦、文字を表示させる為、どこでも良いのでマウスをクリックします。
 次に、カーソルに入力したい文字が表示されるので、今度は配置したい場所を指示します。

画像の説明

5.文字入力は完了です。

●手動でカウントアップしたい場合


2.カウントアップしたい数値を入力文字枠の真ん中の枠に入れます。
 数値以外の文字を接頭か接尾に入力します。
 ※文字と数値は分けて入力してください。

3.カウントアップ方向と間隔で、●自動連続無 を選択します。

4.カウントアップの枠で 10進、16進、8進を選択します。
文字高さ、尺度を選択します。

画像の説明

4.挿入位置を指示と出るので、一旦、文字を表示させる為、どこでも良いのでマウスをクリックします。
 次に、カーソルに入力したい文字が表示されるので、今度は配置したい場所を指示します。
再度、配置したい位置を指示します。カウントアップしながら文字を入力できます。

画像の説明

5.「ENTER」、「Esc」をクリックして完了です。

●自動でカウントアップしたい場合

2.カウントアップしたい数値を入力文字枠の真ん中の枠に入れます。
 数値以外の文字を接頭か接尾に入力します。
 ※文字と数値は分けて入力してください。

3.カウントアップ方向と間隔で、●上下左右を選択し、間隔、回数を入力します。

4.カウントアップの枠で 10進、16進、8進を選択します。
文字高さ、尺度を選択します。

画像の説明

4.挿入位置を指示と出るので、一旦、文字を表示させる為、どこでも良いのでマウスをクリックします。
 次に、カーソルに入力したい文字が表示されるので、今度は配置したい場所を指示します。
入力した方向、間隔、回数分カントアップしながら文字が入力できます。

画像の説明

5.完了です。

KBCTOOL2(LISP版)の紹介ページ

Alfatech フレックスネットのトラブルに関して

●ネットワークライセンス版BricsCADが認識できなくなった

確認事項

1.ライセンスサーバーの動作確認

  ライセンスサーバーにて[LMTOOLS]を起動します。
  [Start Server]ボタンをクリックし、「Server Start Successful.」と表示されれば問題ありません。問題がある場合「Config Services」タブをクリックし、デバッグファイルの保存先を確認し、デバッグファイルをサポート宛に送ってください。

2.Windowsファイアーオールの設定確認

 ・クライアントのライセンス確認ツールが起動しない場合
   ポート:27100(デフォルト値) が開いていない場合起こる現象
   lmgld.exe、BricsCAD.exe、alfaflex.exe
   上記の設定があるか確認ください。

ショッピングカート
カートに商品がありません!
買い物を続ける