BricsCAD 修正コマンド(フィレット)

【操作方法】

1.menu[修正]-[フィレット]を選択します

2.フィレットする半径を指示する為、オプションの[半径]を選択します

3.半径の値を入力します

4.連続で指示する場合は、オプションの[連続]をクリックします

5.1点、2点と指示しフィレット処理を行います

6.連続でフィレット処理できます

7.1点はそのまま、マウスの左ボタンで選択し、2点目は、「Shift」キーを押しながら選択すると、フィレット半径は0となり、右図のような離れた直線同士を、直角に接続することができます。

8.再度、同じように1点目左ボタン、2点目は+Shift ボタンをクリックすると、今度は半径0ではなく、その直前で指定していた半径で処理されます。これは、トグル的に切り替わります。

●フィレットによる長円作図

1.フィレットコマンドが実行された状態で、下図のような2本ラインにフィレットすることにより長円を作図することができます。この場合、半径の値はなんでも関係ありません。

2.線の円弧にする側を1点、2点で指示することにより2本の線の幅を直径として円弧が作図されます。

●ポリラインのフィレット処理

1.フィレットコマンドを実行し、フィレットの半径を入力、下図のようなポリライン線があった場合、すべての角にフィレット処理をしたい場合、オプションコマンドの[ポリライン]を選択します

2.ポリライン線を選択します

3.ポリライン全てに自動的にフィレット処理が実行されます

以上

ショッピングカート
カートに商品がありません!
買い物を続ける