BricsCAD V21新機能

BricsCAD V21新機能紹介

BricsCAD Liteは、AutoCAD LT2021と高い互換性があります。

BricsCADを使用するにあたり、AutoCADで使用していた、プリンタ、テンプレート、ブロック、シートセットのレイアウトを新たに作成する必要はありません。高い互換性があり、そのまま使用することができます。

●コマンドの互換性  ●メニュー(.cui,.cuix)互換性
●マクロ/スクリプト互換  ●サポートファイル(.PC3、.PAT、.DWT、.SSM)互換      

「コピーガイド」で図形をスマートに移動します

 BricsCADが自動的に曲線のガイドを認識します、図形を移動すると元々あった線分やハッチングをスマートに補正します。


「配列コピー」が1クリックで複数のコピー図形を作成します

「配列コピー」で選択オブジェクトを等間隔に一括コピーします。


「最適化」で2D図面を補正します

「最適化」コマンドで図形のエラーや不一致を自動修正します。補正する対象図形は指定します。


画層構成を別図面からマッピングします

カレント図面の画層を別図面の画層名やプロパティに自動マッピングします。


複数の注釈を1つにします

複数の文字を選択し、1つに固めます


パラメトリックブロックで配列を重ねます

ブロックの重要なパラメーターを選択し、プロパティパネルで編集できるように設定します。


2D・3Dパラメトリックブロックの可視性

ブロック編集モードで形の異なるオブジェクトに可視性を設定します。プロパティパネルで表示したいブロックに切替します。


パラメトリックブロックの「自動拘束」

BricsCADは2D図形に自動で拘束を設定します。編集可能なパラメトリックブロックが生成されます。パラメータをアニメートで確認したり、プロパティパネルで変更できます。


パラメトリックブロックのライブラリ

自分で作成したパラメトリックブロックをライブラリに追加できます


履歴プロパティで図形毎の変更を戻します

図形の変更前の状態を履歴プロパティで確認し戻すことができます。


点群・スキャン場所のバブル

バブルビューワーを使って点群をナビゲートします


■BricsCAD Pro新機能

ACM(メカニカルオブジェクト)の読込・編集ができます

ACM 2013、2014、2016、2018の図形に対して編集できます。
※2021は対応していません。Liteに関しては、「表示」のみとなります。

1.バルーン、部品参照、溶接記号、部品表、幾何公差、データムに関しては読込、移動、分解、削除、複写を行うことができます。プロパティ編集は、バルーン、幾何公差、データムのみ行えますが、他は編集できません。

2.引出線注記、テーバー&スロープ、面の指示記号(仕上げ)、詳細図に関しては、読込、削除は出来ますが、移動、分解、複写に関しては一部制限があり、プロパティ編集はできません。

3.ボルト部品に関しては、読込、分解、削除に関しては編集できますが、移動、複写、プロパティ編集に関しては編集できません。

上記

スケッチアップデータの読込の強化

スケッチアップの読込速度と精度が向上しました。スケッチアップ図形はメッシュのブロックとして読み込まれます。また、レンダリング素材も読み込まれ、よりリアルな表現が可能です。


パラメトリックブロック化

可視性を設定したブロックです。「パラメトリックブロック化」は、選択した図形をスキャンし自動的にパラメトリックブロックへ変換します。この機能で図面が整理されて管理が向上します。


3Dのジオメトリ駆動するパラメータ

3Dモデルの全てのパラメータをジオメトリ駆動に切り替えます。これにより、すべてのパラメータの関係を維持しながらモデルを自由に可変できるようになります。


進化したフィレットと面取り

フィレットするエッジの両極に異なる半径を設定できます。2つのセットバック距離を指定し、一定の非対称な面取りを作成できます。


新しい土木機能

コリドー機能で道路のような線形の設計をします。ポリラインのテンプレート、3DアライメントやTINサーフェスを基準として作成します。3Dアライメントをドラッグすることで、リアルタイムにコリドーが更新されます。


その他主な機能

起動速度、外部参照のロード速度、レイアウトの書き出し、メッシュの取り扱い、データ抽出、TINサーフェス、3D拘束点 等


■BricsCAD BIM新機能
(Best for Building Information Modeling)


ソリッドのマスモデルからBIMを作成

マスモデルから自動的にBIMを生成します。生成されたBIMは空間や建物要素、ストーリー(階)を含みます。


”スキャンからBIM”のワークフローを強化

建物の点群の中で、BricsCADがストーリー(階)を自動検出します。BricsCADが自動的に断面を生成します。新しいバブルビューワーで点群をナビゲートします。BricsCADは点群の中で線分を自動検出し、3Dの点群から2D平面図を生成します。「Fit Planar」コマンドで点群データ上に3Dジオメトリを作成します。


空間要素モデリング

空間要素のみ表示します。ダイレクトモデリングの要領で建物の空間を特定します。


カスタマイズ可能な数量算出(積算)

数量算出や表作成(建具表など)の機能を強化しました。数式や自由表記を使って好きなように数量算出ができます。


BIM図面化のカスタムテンプレート

防火区画の平面図や間取り図のような2次元図面のためのテンプレートを作成します


Twinmotionのインテグレーション

1クリックでCADデータやBIMデータをTwinmotion(リアルタイムレンダリングエンジン)に送ります。


RVT読込

Revitプロジェクトを直接BricsCADに読込ます。プロジェクトの全て、あるいは、任意のジオメトリを読込ます。


■BricsCAD Mechanical 新機能


アセンブリ設計の配管

スマートな挿入ツールから挿入基点とベース部品を分析して必要な接続を維持します。「標準部品を接続」ツールは配管部品を認識して接続します。アセンブリ拘束とパラメータでパラメトリックな配管システムを形成します。


BOMマネージャー

BOMマネージャーは新機能で強化されました。カスタム列、カスタムフィルター、パラメータによる集計。


組立・分解のアニメーション

高品質の動画を作成します。展開表示ツールを使って、組立、分解の指示をします。


T字接続のフランジ(板金)

ジャンクションとタブを使って板金フランジを接続します。


ロフトベンドのタブとスロット

湾曲したエッジに対して板金タブが作成できます。


ベベル(板金)

板金変換のワークフローでベベルが自動認識されるようになりました。


分析

展開後のジオメトリの精度を上げるために、円錐型と円錐型のロフトベントの展開を分析して計算します。


板金ジャンクションの自動生成

板金部品のエッジに自動でジャンクションを生成します。


各ボディの板金プロパティ

複数部品で作成された板金モデルの各ボディにプロパティ情報を割り当てます


半径0のベンド(板金)

半径0のベンドを自動認識します

ショッピングカート
カートに商品がありません!
買い物を続ける